Category Archives: 金の偽物を見分ける方法

買取りできない偽物の金を見極めるには?

ここ何年かは毎年金の相場が値上がりしている様な状況にあります。

金の人気が高まっていることもあり、その影響で偽物も多く出回っているといわれています。

金だと思って購入したのに、金をいざ買取しようとした時に偽物の金だったということもあるそうです。

金を買取しようと思った時に困らない様に、金を購入する時には偽物かどうかを見分けることができるようにしましょう。

その方法とは、磁石をあてる、刻印で調べる、比重で調べる、薬品で調べる方法があります。

金の偽物にはメッキが貼られている場合はほとんどで、もしもメッキが使用されている場合、磁石にくっつきますので要チェックです。

また、金と言えば、必ずK24、K18などの純金の分量を示す刻印、そして1000、750などの金の分量をパーセンテージで示した刻印がされていますので、もしもどこにも刻印が無い様であれば、偽物の可能性が高いそうです。

GP、HGE、RGPなどの刻印があった場合は、メッキ加工という表示になるのでよくチェックしてみてください。

海外製の偽物の場合、この刻印についてもついている場合があるのでこれだけで判断しない様に注意しましょう。

比重で調べるというのは、自分で既に所有しているものに限った調べ方ですが、水中に沈めて体積から重さをだして比重を計る方法です。

メッキ加工されている偽物の場合、他の金属が混ざっているので、本物かの判別をすることができます。

薬品を用いて調べる方法は、硝酸を使用して金かどうかを見極める方法です。

メッキであった場合、硝酸をかけると緑色の泡が出るのですが、硝酸は強い薬品ということもあるので、一般的にはお勧めできません。

<金(gold)の歴史>http://ocw.nagoya-u.jp/files/146/rekisi.pdf