Author Archives: admin01

買取の参考にしよう!金の相場

金の相場というのは決まっています。

世界の経済や社会情勢などによって価格変動されるもので、金の需要や供給のバランスによっても相場が動きます。

金は世界中のどこの国であっても変わらない価値のあるものとして、世界の様々な市場で取引がされています。

日本国内では、東京工業品取引所で、その他特にアメリカニューヨーク、スイスチューリッヒ、イギリスロンドン、中国香港の市場は世界四大市場で、その中でもロンドン市場での取引価格はかなり影響のあるとされるほどの価格決定権があると言われています。

金は毎日相場の変動はあるのですが、株などと違って価値自体がマイナスやゼロになることがない実物資産ということもあり、毎日かなり多くの取引があります。

今現在は金の価格が高騰してることもあって、資産運用として金を動かしている人もいる様です。

金の算出方法はどの様にするのかといえば、一般的な単位はグラムではなく、トロイオンスという単位になります。

そして、1トロイオンスは31.1035グラムとなっています。

ですから、1gあたりの価格の算出方法がどうなるのかといえば、→(1トロイオンス辺りの価格×31.1035×ドル円為替相場)+諸経費となり、最終的にはこの数値に消費税をかけたものとなります。

日本での金の価格は、もともと米ドルたてで価格が提示されるので、円に換算して算出することになります。

ですから、円とドルの為替相場も大きく影響してきます。

そして、金の買取では、この算出した金額にそれぞれの買取店の諸経費がかかってきますので、諸経費があまり高くないお店を選ぶのが良いでしょう。

買取りできない偽物の金を見極めるには?

ここ何年かは毎年金の相場が値上がりしている様な状況にあります。

金の人気が高まっていることもあり、その影響で偽物も多く出回っているといわれています。

金だと思って購入したのに、金をいざ買取しようとした時に偽物の金だったということもあるそうです。

金を買取しようと思った時に困らない様に、金を購入する時には偽物かどうかを見分けることができるようにしましょう。

その方法とは、磁石をあてる、刻印で調べる、比重で調べる、薬品で調べる方法があります。

金の偽物にはメッキが貼られている場合はほとんどで、もしもメッキが使用されている場合、磁石にくっつきますので要チェックです。

また、金と言えば、必ずK24、K18などの純金の分量を示す刻印、そして1000、750などの金の分量をパーセンテージで示した刻印がされていますので、もしもどこにも刻印が無い様であれば、偽物の可能性が高いそうです。

GP、HGE、RGPなどの刻印があった場合は、メッキ加工という表示になるのでよくチェックしてみてください。

海外製の偽物の場合、この刻印についてもついている場合があるのでこれだけで判断しない様に注意しましょう。

比重で調べるというのは、自分で既に所有しているものに限った調べ方ですが、水中に沈めて体積から重さをだして比重を計る方法です。

メッキ加工されている偽物の場合、他の金属が混ざっているので、本物かの判別をすることができます。

薬品を用いて調べる方法は、硝酸を使用して金かどうかを見極める方法です。

メッキであった場合、硝酸をかけると緑色の泡が出るのですが、硝酸は強い薬品ということもあるので、一般的にはお勧めできません。

<金(gold)の歴史>http://ocw.nagoya-u.jp/files/146/rekisi.pdf

1 2