買取の参考にしよう!金の相場

金の相場というのは決まっています。

世界の経済や社会情勢などによって価格変動されるもので、金の需要や供給のバランスによっても相場が動きます。

金は世界中のどこの国であっても変わらない価値のあるものとして、世界の様々な市場で取引がされています。

日本国内では、東京工業品取引所で、その他特にアメリカニューヨーク、スイスチューリッヒ、イギリスロンドン、中国香港の市場は世界四大市場で、その中でもロンドン市場での取引価格はかなり影響のあるとされるほどの価格決定権があると言われています。

金は毎日相場の変動はあるのですが、株などと違って価値自体がマイナスやゼロになることがない実物資産ということもあり、毎日かなり多くの取引があります。

今現在は金の価格が高騰してることもあって、資産運用として金を動かしている人もいる様です。

金の算出方法はどの様にするのかといえば、一般的な単位はグラムではなく、トロイオンスという単位になります。

そして、1トロイオンスは31.1035グラムとなっています。

ですから、1gあたりの価格の算出方法がどうなるのかといえば、→(1トロイオンス辺りの価格×31.1035×ドル円為替相場)+諸経費となり、最終的にはこの数値に消費税をかけたものとなります。

日本での金の価格は、もともと米ドルたてで価格が提示されるので、円に換算して算出することになります。

ですから、円とドルの為替相場も大きく影響してきます。

そして、金の買取では、この算出した金額にそれぞれの買取店の諸経費がかかってきますので、諸経費があまり高くないお店を選ぶのが良いでしょう。